生田宏司 銅版画メゾチント展

~自画・自刻・自刷・漆黒の小宇宙に浮かび上がる生き物たち~


「天の川・II」170×250mm

「しだれ梅に翡翠」245×145mm

「猫と西洋版画」250×170mm

1953年山形県生まれ、千葉県在住。
銅版画(メゾチント)作家として国内外で高い評価を得ている作家の作品展。繊細にして奥深い黒と白の幻想的なメゾチントを展示販売いたします。

メゾチント・・・17世紀ヨーロッパで生まれた技法。黒から白に至る色調の美しさが特徴。

<作家来廊日>1月20日(日)・21日(月)午後1時~5時

新春絵画展
会期 1月17日(木)~22日(火)※最終日は午後5時閉廊
場所 6階 アートギャラリー1

↑ページのトップへ